忍者ブログ

大学受験以来のやり直し英語学習で得た教訓やノウハウ、英語教材をご紹介。現在はTOEIC900点目指して勉強中!洋書多読(SSS式)時代の洋書レビューも有。

   
カテゴリー「国際交流」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回の国際交流パーティを通して
目標と、自分の英語学習法について考えてみました。

結論は↓です。英語学習法については、
今までと方向性は変わっていないですね。

●Nativeが話す内容を一発で理解できるようになる。

<意味理解>

⇒英文多読。Plain Englishで良いので、
一文が長くてもスラスラと読め、一発で理解できるように。

・引き続き、洋書多読
一文が長い英文が出てくるのはYLでいうと3以上なので
3以上のを多読する?

・Blog多読
Blogにはnativeが会話で話すような内容がそのまま書かれているので
blogをスラスラと読め、一発で理解できるように多読する。

<聴き取り>

⇒引き続き、TOEICのリスニング問題を使って
聴き取り・発音練習を行う。

●自分の意見を、きちんとした根拠を交えて英語で話せるようになる。

⇒引き続き英語でblogを書き、英語で意見を言うことに慣れていく。
nativeのblogを読んで参考にする。
PR
まずは、前記事の補足から。

前の記事で

外国人が話す速度→大学の英語の授業の外国人講師が話す速度

と書きましたが、これじゃちょっとわかりにくいかもしれませんね。
「TOEICぐらいの速度」と言った方がわかりやすいかな?
厳密には、TOEICのリスニング問題の中でも速度がゆっくりめの問題
(アナウンスとか)ぐらいの速度だと感じました。

さてさて、話の続きを。

外国人と話して一番驚いたのは、私の英語が通じたこと!
しかも、「May have your name please?」とか、
「I work at ○○.」「Do you have any Japanese friend?」
などの英文が通じました!
聞き返されたり、「What?」って感じのリアクションをされることなく
普通に会話がつながったので感動しました
「Both」や「friend」といった「th」や「f」の発音は
特に自信がなかったのですが、普通に通じて嬉しかったです♪
地道に、音素単位含め発音の練習をしてきたかいがありました

私がお話した外国人は皆日本で働いているor働いた経験があるためか、
ちょくちょく日本語を交えて話してくれましたが、基本は英語。
お互いの自己紹介や、よくいく場所など、
いわゆる初対面の人同士がする会話を英語でしました。

それと、強く思い出に残ったのは、自分の意見を英語で上手く言えなかったこと。
会話をしていて「でも私はこう思う!」と思っても
なぜそう思うのかが自分でもよくわからず、
だから当然英語で言えず…反論できませんでした。

私、理論より感覚が先行するんですよね~。
「理由はなぜか自分でもよくわからないけれど面白い!」
とか、なぜそう感じたか自分でもよくわからない。
だから、感想を詳しく話すのが苦手です
全体の感想を一言で言うのはできるんですけれどね~。

でも、英会話ってそれじゃダメみたいです。
今回の国際交流パーティに行くにあたって
↓のサイトで英会話の心得を学んでいったのですが、
http://www.yasunoeigo.com/eigostyle.html
案の定、外国人との会話では自分の意見を言うと
「Why?」を聞かれました。
だから、自分の意見を言う際には
なぜ自分がそう考えるのかのちゃんとした根拠を
(しかも英語で!)言うことが求められるんだなと実感。
これは今後の課題です…そもそも日本語でも言えないし

…と、反省モードに入ったところで
次の記事では、今回の国際交流パーティを通しての
反省を書きますね。
さて、外国人とtalkingしたレポと感想を。

お話した外国人は、大学や中学校の英語教師や
企業に勤めている方々。
だから日本人と話すのは慣れているのかな?
日本語も少し話してくれました。
とはいえ、会話の基本はやはり英語!
私は、家で一人で音読練習やら外国人との会話シミュレーションを
練習したかいがあってか、わりと緊張せずに話すことができました。

向こうが話す英語のスピードは、気を使ってくれているのか
少しゆっくりめで話してくれました。
私にとってはそれでもやや速かったのですが、
外国人同士で話している時はもっと速いスピードで話していたので
おそらく、私と話す時には会話速度をゆっくりにしてくれていたのだと思います。

具体的にどれくらいの速度か?というと…

私が話す速度→電車内の英語アナウンス程度(決まり文句だともうちょっと速い)
外国人が話す速度→大学の英語の授業の外国人講師が話す速度

だと感じました。

そして、私が外国人が話す内容をどれくらい理解できていたかというと…

7~8割程度かな?

おそらく私が知っている単語ばかり使って話してくれているのですが、
スピードが若干速くて聞き取れないことと、
一文が長かったりして一回聞いただけでは意味が理解できない部分があり、
「たぶんこんなこと言ってるんだろうな~」という推測で補完した時がありました。
まるで、未知単語や意味不明の文が交じっている児童書を
多読している時のような気分になりましたよ

そうそう、外国人と話していて感じたのは、
「大学の英語の先生と話す時ってこんな感じだったなあ~」ということ。
大学の一般教養で英会話の授業があり、講師は外国人だったのですが、
その講師は授業中、ずっと英語で話していたのです。
(たまにサービスで?日本語も話してくれましたが)
その時も、同じような感覚を味わった思い出があります。
よく聞き取れなかったり、聞き取れても意味がわからない所があるけれど
言っている大体の内容は理解できるって状態。

もちろん、外国人が私に質問してくれた時には
質問の意味がわからなかったら聞き返してました。
「Books」を「box」と聞き違えてたりしましたしね、私

まだまだ続きます。
これから出かけるので、続きは夜にでも書きますね~
昨日、初の国際交流パーティに行ってきました!
見えてきた課題と対策、目標修正は別途考察するとして、
まずはレポと感想をお伝えしますね。

私が行ってきたのは、外国人含め総勢30~40人の
割とこじんまりしたパーティでした。
(他の国際交流パーティだと、100~200人なんてザラらしい)
会場となったお店は、店員が皆ブロンドの外国人!
お店のドアを開けると英語で挨拶されました。
オーダーをする時もカタコト日本語交じりの英語を話していたので
こちらも「Can I have ○○, please.」と英語でオーダーしました。

一番印象深かったのは…日本人、しかも日本人女性ばかり!!
比率でいうと、
日本人女性6:外国人男性2:外国人女性1:日本人男性1
という感じでした。

となると当然、外国人の周りにはたくさんの日本人が集まるわけで…。
外国人にとってみればハーレム状態。
1人の外国人につき常時2~3人の日本人が囲んでいました。
ふとした瞬間に外国人が一人になっても、
またすぐに日本人が話しかけて…の繰り返し。

そんな状況で外国人に話しかけるのは結構ハード。
恥ずかしがっていたり、遠慮していては外国人と絡めません!
私は、同じく外国人と話したがっている日本人の方々と
「これはなかなか話しかけられないね~」と言っていました。

しかしそれでは来た意味がない!
ということで、ここは元営業の飛び込み精神を活かして
ガンガン!外国人huntingに繰り出しました!!

(料理はバイキング形式だったので)料理を取るために一人になった外国人や
他の日本人と会話中の外国人に熱い視線を送り、
目があったら「Hi!」と手を挙げてにっこりsmile!しました。
すると向こうも自分と話したがっているのを察してくれるのか、
こちらに来てくれる外国人がいましたよ!

そうなったらもうhuntingは成功したも同然です。
「Do you mind if you sit there together?」や
「Let's talk together over there.」
「We(hunting仲間が一緒にいたので) want to talk with you! OK?」
と聞いて、近くのsofaに連れて行き、talking開始!

長くなったのでいったんupして、外国人とのtalking内容は
別記事に書きますね
前の記事にて、 (話しかける時)・Would you mind if I speak to? と書いたのですが、
今日本屋で某英会話テキストをたまたま立ち読みしたところ、
疑問文での助動詞の使い分けについて書かれていました。 

なんでも、

 Will/Would~⇒相手にその意志があるかどうかを尋ねるニュアンス 
Do you mind~⇒エチケットやマナーを強調するニュアンス

だそうです。 

All Aboutの記事
http://allabout.co.jp/study/bizenglish/closeup/CU20050117A/
でも「Do you mind~」が使われていたし、
「あなたには私が話しかけるのを嫌がる意志がありますか?」と聞くより
「初対面で突然話しかけるのは失礼にならないですか?」
のニュアンスの方が適切そうなので

Do you mind if I speak to?

 に修正しますね
  
記事内検索
Profile
HN:
紗織(旧HN:みゅ~)
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/07/02
自己紹介:
大学受験以来英語学習から遠ざかっていたが、自分のやりたい事・興味ある分野に関し、英語で意見を述べたり、本を原著(英語)で読んだりできるようになるために英語学習を再開。
やりたい事の1つが「自分の経験・ノウハウを後続の人々が活用できるようにする」であるため、現在は取り組む日本人が多いTOEICを勉強中。最終目標900点!

【TOEIC Scoreの歩み】
2009/3(IP) 585 (L:290 R:295)
↓ ↓ ↓2010/10~TOEIC勉強開始
2011/5(公開)845(L:445 R:400)
↓ ↓ ↓
2011/7/24(公開)800(L:415 R:385)

※次回受験予定は2012年1月or3月
Recent Comments
[09/19 HUMMER]
[08/30 NONAME]
[06/07 紗織]
[06/04 nao10]
[06/16 みゅ~]
Calender
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Total Views
Recent Track Backs
アクセス解析
Copyright ©  -- 大学受験以来のやり直し英語。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]