忍者ブログ

大学受験以来のやり直し英語学習で得た教訓やノウハウ、英語教材をご紹介。現在はTOEIC900点目指して勉強中!洋書多読(SSS式)時代の洋書レビューも有。

   
カテゴリー「多読(YL4.0~4.9)」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)
Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels) Roald Dahl Quentin Blake

Puffin 1998-06
売り上げランキング : 82

おすすめ平均 star
starやっぱりロアルド・ダール
star昔子供だった人にも
starダイエット中には読んじゃダメw

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ついに読み終わりました!
ちょこっとしか読まない日もあって、5日かかりました
私の読むスピードは(感覚ですが)7,000語/時くらいで、
一日に読める量もこのくらいなので、まあ妥当な日数かな。

【文章の難しさについて】
「Matilda」ほどではないものの、わからない単語はやはりちょこちょこありました。
特にOompa-Loompasの歌の歌詞はほとんど全部「?」でした
とはいえ、話の筋を追うことはできました。(映画を観ていたからかも?)

【話の中身について】
「Matilda」同様、勧善懲悪っぷりが面白おかしく描かれていました。
Nasty (or Silly) Childrenのやられっぷりが面白かったです。
結末が映画と全く逆だったり、映画にあったMr.Wonkaの生い立ちのepisodeが
丸々なかったりと、映画と異なる所があったのには驚きました。
Factoryの中に入ってからはお菓子の描写が多く出てくるので、
読んでいると甘い物が食べたくなっちゃいました

「Matilda」に加え、この「Charlie...」を読んで
ますますDahlが好きになりました!
奇想天外な世界や面白おかしい描写…。
ぜひ、続編の「Charlie and the Great Glass Elevator」も
読んでみたいです。

==========================================

<ここまでの多読>602,907語/178冊
PR
  
記事内検索
Profile
HN:
紗織(旧HN:みゅ~)
年齢:
36
性別:
女性
誕生日:
1981/07/02
自己紹介:
大学受験以来英語学習から遠ざかっていたが、自分のやりたい事・興味ある分野に関し、英語で意見を述べたり、本を原著(英語)で読んだりできるようになるために英語学習を再開。
やりたい事の1つが「自分の経験・ノウハウを後続の人々が活用できるようにする」であるため、現在は取り組む日本人が多いTOEICを勉強中。最終目標900点!

【TOEIC Scoreの歩み】
2009/3(IP) 585 (L:290 R:295)
↓ ↓ ↓2010/10~TOEIC勉強開始
2011/5(公開)845(L:445 R:400)
↓ ↓ ↓
2011/7/24(公開)800(L:415 R:385)

※次回受験予定は2012年1月or3月
Recent Comments
[09/19 HUMMER]
[08/30 NONAME]
[06/07 紗織]
[06/04 nao10]
[06/16 みゅ~]
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Total Views
Recent Track Backs
アクセス解析
Copyright ©  -- 大学受験以来のやり直し英語。 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]